シャンプーなど洗い残しに注意

肌に刺激はNG!シャンプーなど洗い残しに注意

刺激を減らして背中ニキビを治そう

シャンプーをした後に背中もすすいでいますか。
背中もすすがないと洗浄成分が残って刺激を与えてバリア機能を低下せます。

 

バリア機能が低下すると、肌を守るために角質が厚くなったり、乾燥してニキビができやすい状態になります。
繰り返し刺激が与えられると、いつの間にかニキビができていることが少なくありません。

 

紫外線もニキビの原因です。紫外線を浴びるとバリア機能が低下してニキビができやすくなります。
顔や腕の紫外線対策をする方は多くいますが、背中は手が届きにくいためあまり対策をしていません。

 

背中が露出する服を着ていると皮膚に大きなダメージが加わります。
服を着ていても紫外線は通過するので、紫外線対策をしていないと、ニキビができることがあるのです。

 

バリア機能が回復すると自然とニキビが治ってきます。バリア機能を回復させるのは、
刺激を与えないようにすることが大切です。

 

髪を洗ったら背中も一緒に流すようにしましょう。洗う順番を工夫してもニキビが減ります。
先に髪を洗って次に体を洗えば、シャンプーの洗浄成分が背中に残ることがありません。
ボディーソープもすすぎ残しがないように丁寧に洗い流しましょう。

 

紫外線の影響を防ぐために、背中に日焼け止めを塗ります。
手が届きかなくて塗りにくいときは、逆さにしても使えるスプレータイプの日焼け止めがおすすめです。
日焼け止めを塗った日はよく洗って落としましょう。そのままにしていると日焼け止めの成分が刺激になります。
洗浄成分や紫外線などの影響を防げばバリア機能が回復し、ニキビが改善に向かいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ