背中ニキビ ピーリング

背中ニキビをピーリングで改善

背中ニキビとピーリングについて

背中は自分で見ることができず、痛みやかゆみでニキビに気づくことが少なくありません。
あまり目立たないのでそのままにしてしまうこともあります。

 

しかし、何もせずにいるとニキビ跡や色素沈着を起こす可能性があるのでケアが必要です。
背中の皮膚は顔よりも厚くなっています。皮膚が厚いと柔軟性に欠け、毛穴が硬く開きにくくなります。
皮脂が分泌されにくいのでニキビができやすいのです。

 

毛穴がつまったままだとニキビが悪化するので、厚い皮膚を改善するためにピーリングを行います。
AHAや酵素などを配合した石けんで体を洗って古い角質を除去します。

 

ピーリングの成分が残っていると肌の刺激になってバリア機能を低下させるので、しっかりと洗い流しましょう。
ピーリング後は肌が弱くなっていますので注意が必要です。

 

バリア機能が低下して乾燥しやすくなっていて、乾燥を放置していると肌を守るために角質が厚くなってきます。
ピーリング後は保湿を十分に行います。これが非常なポイントになります。

 

背中は手が届きにくいので、手では背中全体につけるのが難しいです。
しっかり保湿成分をつけられていない部位はニキビができやすくなってしまいます。
スプレーボトルに保湿化粧水を入れて拭きかけると、背中全体に万遍なくつけることができます。

 

逆さにしても使えるボトルが便利です。顔に使っている化粧水でもいいですが、背中専用の化粧水もあります。
背中の皮膚の特徴を考えて作られた化粧水なので、ニキビが治りやすいです。
背中ニキビを治すには古い角質除去と保湿が大切です。

 

背中がしっかりと保湿されていると、肌のターンオーバーが正常に行われますので、
ニキビのできにくい肌となり、またニキビ改善にも役立ってくれるでしょう。

 

背中ニキビ改善は、手間がかかると諦めずに必ずケアするように心がけましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ